スポンサーリンク

2010年7月10日 東京からの総走行距離576km

2010年7月10日~25日 「西日本懐かし自販機巡り」 走行ルート
その6 能登部自販機 → その7 仲谷商店 → その8 宮下釣具店

楽しみにしていた能登部自販機コーナーでは「そば・うどん自販機」が非稼働で、結局能登半島近辺ではもう「めん類自販機」が
絶滅したということになる。今朝東京を出て明日には京都方面へ向かうわけだが、せめてこの地のヴァイブを味わいたくて
敢えて山道の県道を選んだのが正解だった。越前に沈む夕陽を眺めながら峠を越える気持ち好い道だった。

画像をクリックすると拡大・縮小します。

富山県氷見市に向けて県道18号を下っていると、
のどかな山間の集落に真っ赤に目立つ自販機を発見。

中身はプリッツやキットカット。

氷見市街の海岸。真夏の長い一日の終わりに。

現代の日本では滅多に見かけなくなったアーケード街。寂れゆく町に白い光が印象的だった。

「西日本懐かし自販機巡りの旅」初日は614.4km走り、7ヶ所で自販機に出会えた。
今夜の寝床は高岡市街の夜景を見下ろす二上山キャンプ場だ。

一日とおしてあまり自販機食品にありつけなかったが、暑いので食欲も強くない。
地元産の刺身などをつまみに富山の地酒を飲む。

野外のテントで寝るなんて久しぶりだ。昼間の猛暑が嘘のように意外に涼しい。
週末で結構混んでいたが、独りで静かに飲んで旅の初日を祝う。

2010年7月10日~25日 「西日本懐かし自販機巡り」 走行ルート
その6 能登部自販機 → その7 仲谷商店 → その8 宮下釣具店

懐かし自販機トップページへ

当サイトの画像・情報を無断で転載・使用することを禁じます。

© USK ALL RIGHTS RESERVED

Last Updated 2010.9.5

2010.8.23

カウンター