スポンサーリンク

2014年6月17日 東京からの総走行距離1584.4km (2016.2.8up)

2014年6月13日~22日 「日本半周!群馬~新潟~京都~島根~山口~岡山 懐かし自販機巡り」
その12 コインレストランコウラン → その13 さんべ食品工業 → その14 コインレストランかわもと

画像をクリックすると拡大・縮小します。

大田市内の懐かしい雰囲気の商店街の中に、昔ながらの佇まいが味のある昭和7年創業の さんべ食品。

年2回のお祭りの時だけの限定だが、国内で唯一現在も稼働する貴重な一台。

本来はガラス製だった噴水部分はガラスひび割れにより、現在はポリカーボネート製のものとなっている。

良質の温泉も湧く三瓶山がモチーフとなっている手書きのロゴ。

昭和30年代からサイダーやオレンジジュースなどを販売していた。

現在でも同価格の10円で、年2回のお祭りの時に販売している。

紙コップはここにセットされ、手で下に引き抜く方式だ。

代表の勝部さん。昭和30年代後期の数年間だけ製造されていたものを、昭和37年頃にお祭りのために導入したそうだ。

さんべ食品では地元特産のゆずなどのジュースやラムネを製造している。

2014年6月13日~22日 「日本半周!群馬~新潟~京都~島根~山口~岡山 懐かし自販機巡り」
その12 コインレストランコウラン → その13 さんべ食品工業 → その14 コインレストランかわもと

懐かし自販機トップページへ

当サイトの画像・情報を無断で転載・使用することを禁じます。

© USK ALL RIGHTS RESERVED

2016.2.8

カウンター