スポンサーリンク

2010年02月 2010年4月 2012年9月

2012年9月

2012年9月29日~30日 「埼玉・群馬自販機巡り」 走行ルート
その2 オートパーラーまんぷく→ その3 オートレストラン鉄剣タロー → その4 丸美屋自販機コーナー

画像をクリックすると拡大・縮小します。

気持ち好い秋の夕暮れに、2年ぶりの鉄剣タローに到着した。
最近公開された話題の映画「のぼうの城」の舞台となった忍城にも近い。

建物もこの渋い看板も相変わらずでひと安心だ。

経営の面や自販機の修理が重なり大変な期間だったそうだが、
またこの味のあるオートレストランを味わえて幸せだ。

外が明るいうちは店内の妖しさも控えめだ。

懐かし自販機御三家が揃うのは埼玉でも唯一。東京からもっとも近い自販機の聖地だ。

ハンバーガーとトーストサンドが並ぶさまは美しい。完全に昭和の世界にトリップしてしまう。
修理代が売り上げをオーバーしてしまうこともあるという。

特にこのハンバーガー自販機は、ニキシー管のカウントダウンタイマーが動く最後の一台なのだ。
更に出来上がりにはピンポンとチャイムが鳴る日本で唯一の自販機だ。

昭和63年に開店した当時には、バーガー、トーストとも各2台設置されていたそう。
古ぼけた電照板が堪らない郷愁を誘う。

中身は伊勢崎市のマルイケバーガー製で週に一度納品される。
70歳を過ぎた女性の方が車を運転して運んできてくれているのだ。

近年になって改良されておいしくなったチーズバーガー。肉厚でジューシー、レンジでの仕上がりも申し分ない。
自販機の調子も前回来たときよりも良くなっており、カウントダウンもちゃんと0秒で商品が出てきた。

前回来たときには七味が無かったが、現在はPP丼に貼り付けて提供している。
オーナーさんの思いやりを感じる。出汁は東洋水産製のものを使用している。

冷却装置の故障で非稼動となってしまったレアなアイスの自販機。
動かなくとも強い存在感だ。

以前はたくさんあったゲーム機が撤去され、奥には新しい店舗が入った。

フィギュアやDVDを販売するお店で、フレンドリーなお兄さんが営業している。
(残念ながら閉店の予定だそうです・・。 )

オーナーさんと話し込んでいるうちに外はすっかり真っ暗に。店内の妖しさもUP。
昔は弁当自販機やカップ珈琲自販機などもあったという。

LEDランプでライトアップされるようになった鉄剣タロー。
ランプの設置はフィギュアDVD販売店のお兄さんがしてくれたそうだ。

満月と看板。
できる限り残り続けて欲しい貴重なオートレストランである。

Nihon_Natsukashi_Jihanki_Taizen

懐かし自販機が一冊の本に!!タツミムック 『日本懐かし自販機大全』
全国の名店紹介や貴重な資料、オーナーインタビューなど
今まで無かった、丸ごと一冊懐かし自販機本です!

2012年9月29日~30日 「埼玉・群馬自販機巡り」 走行ルート
その2 オートパーラーまんぷく→ その3 オートレストラン鉄剣タロー → その4 丸美屋自販機コーナー

2010年4月29日

気持ちよく晴れた初夏の一日、群馬から埼玉にかけて
オレンジハット藪塚店コインスナック ジョイフル24MMC122号店鉄剣タローヘリテイジ
と自販機巡りしてきました。

満月に照らされる鉄剣タロー。警察の指導があったというが・・・。

画像をクリックすると拡大・縮小します。

闇に映える怪しい灯り。しかし店内はいたって健全w

チーズバーガーを購入。7秒早く出てくる。
温まり方は少しムラがあったがこのご老体から買えるだけでありがたい。

2個買ったところで売り切れ。この後来た人ごめんなさい。

今回はうどん自販機にも挑戦。

湯の量多め。取り出し口カバーは無い。
目がチカチカする色の照明が自販機を紫色に染め上げていた。

麺の端が乾燥しているところが少しあったが、懐かしい味。
しかしこの照明の下で食べてると何食べてるんだかわからなくなってきたw

ゲーム機が減った店内。客はほとんどいない。

ちょうど店の方が見回りに来ていたのでお話をうかがう。
「警察の指導により厳しい経営状況となるが、今すぐに建物を処分などはせず、細々と続けていきます。」
だそうだ。自販機ファンとしてはひと安心ですね。

昭和の曖昧さは現代では通用しないということか。
世知辛いですね。

2010年2月

小雪舞う肌寒い土曜の朝、急に思い立って埼玉の自販機コーナー巡りに行って来ました。 コースは
「オートパーラー上尾」「オートパーラーまんぷく」「鉄剣タロー」「CityBoy」「GAME COSMOS」
で、東京の近郊にも懐かし自販機が充実したお店がまだ残っていることに感動しました。

今となっては超貴重なニキシー管タイプのハンバーガー自販機!

画像をクリックすると拡大・縮小します。

オートレストラン 鉄剣タロー

70年代的なデザインの字体といい既に文化遺産レベルの建造物だ。

オートレストラン 鉄剣タロー

この看板も非常に味が出てきている。

店内は怪しい感じで入りにくいかも知れないが全くそんなことはないのでご安心を。

私が訪れた小雪舞うこの日、先客はゼロだったので思う存分満喫できた。

レア&レトロな自販機

懐かし自販機の代表格である2台が並ぶ様に惚れぼれする。

ハンバーガー自販機

こちらのハンバーガー自販機は今となっては珍しいニキシー管による
カウントダウンと赤ランプ点滅がちゃんと生きているのが素晴らしい。

ハンバーガー自販機

投入金額をランプで表示する貴重なタイプ。

ハンバーガー自販機

パネルに映るのはこの店を象徴する派手な蛍光管。

チーズバーガー

ハンバーガー自販機の中身はマルイケ食品のチーズバーガー。
商品を伊勢崎から運ぶ為か少し高めの220円。

トーストサンド自販機

トーストサンド自販機はハムサンドが220円。

レア&レトロな自販機

そば・うどん自販機、カップヌードル自販機も稼働中。

そば・うどん自販機、カップヌードル自販機

今回は食べなかったが麺類が300円。カップ麺は200円。

アイスクリーム自販機

これも懐かしいアイスクリーム自販機。VIVO GROUPだったのか。

オートレストラン 鉄剣タロー

そのまま「昭和博物館」と言っても過言ではない凄いお店だった。
これからも静かに続いていってほしい。

懐かし自販機トップページへ

当サイトの画像を無断で使用することを禁じます。

© USK ALL RIGHTS RESERVED

Last Updated 2012.11.6

Updated 2010.5.13

2010.3.17

2010.3.16