スポンサーリンク

2009年9月 2011年1月 2011年6月 2011年9月

2016年3月31日を以て閉店します!

画像をクリックすると拡大・縮小します。

NHKのドキュメンタリーに登場したりと大人気の晩年だったが、ついに別れの時が来てしまった。
東北地方の懐かし自販機コーナーが次々と無くなっていくなか、聖地佐原商店の閉店は本当に辛く寂しい。
お疲れさまでした!

メディアも大騒ぎだ。そもそもNHK秋田のローカル番組が当サイトにアクセスしてきたのが始まりだった。
当サイトの人脈を通じて修理や部品の調達を試みたりと、当店への思い入れは深い。

Yahooのトップページで紹介。

継続へ!

自販機が引き継がれて良かった。しかし単に自販機のうどんが食べたくて人は集まっていたのではない。
佐原商店の店主と客が長年積み重ねてきた信頼感や郷愁感が、あの空間に宿っていたから、
あのテーブルは特別な場所だった。
懐かし自販機がメディアに多く流れるようになって、観光資源として目を付けられることも多くなるだろう。
本物の味わいが出来るには、長い時間がかかることを忘れてはならない。

2015年2月 自販機が別の稼働機に変わりました!

外観を見るとなかなか綺麗で良さそうだ。これからも地元の皆さんをはじめファンに愛され続けていってほしい。
いとうひさおさん画像ありがとうございました。

2011年9月28日 東京からの総走行距離2173.0km

2011年9月20日~10月1日 「新潟・北海道・東北懐かし自販機巡り」
その6 ベンダーショップ崎守 → その7 佐原商店 → その8 サンフラワー

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大・縮小します。

昨夜北海道苫小牧港を出港したフェリーは7:45に秋田港に着いた。
フェリー乗り場から佐原商店までは何とたったの2分!

錆びた看板も渋い佐原商店。2台の懐かし自販機もちゃんと動いていてくれた。

朝日を浴びるホシザキハンバーガ自動販売機。

右2つのセレはすでに売り切れ。チーズバーガーが残っていて良かった。

製造元であるホシザキ電機が富士電機を介さずに販売した機種で、中身は富士電機と同じ。

食欲を満たすだけではない、ワクワク感が最高だ。

手作りパンと結構ボリュームのある肉がうまい。

これも懐かしいメローイエロー。横に並べても違和感が無い。

ご主人が当サイトのチラシのコピーを貼って下さっていた
年季入りまくりの富士電機めん類自販機。

あちこちガタが来ているそうで、万一部品が足りないときのために島根の西部技研さんをご紹介させていただいた。

ぶら下がる七味を好きなだけかけていただきます。

秋の心地よい陽だまりに包まれて味わう自販機グルメは最高だった。
いつかは銀世界の冬に来てみたい。

2011年9月20日~10月1日 「新潟・北海道・東北懐かし自販機巡り」
その6 ベンダーショップ崎守 → その7 佐原商店 → その8 サンフラワー

2011年6月13日 東京からの総走行距離761.0km

2011年 6月11日~18日 東北懐かし自販機巡り
その6 ペガサス → その7 佐原商店 → その8 男鹿水産

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大・縮小します。

昨夜は秋田市郊外の山中にあるキャンプ場で一夜を過ごした。
夜露をしのげるバンガローが510円と破格でありがたい。

昔は目の前がすぐに港で、隣の店にも各種食品自販機が設置されていたそうだ。

30年以上も営業を続ける佐原商店には、帰郷の際には必ず寄るという
ファンも多く土崎のソウルフードと言えるだろう。

店内には、昔はよくあった懐かしい光景。
港、エロ本、自販機・・・昭和の猥雑さが今もある。

そして2011年の今も現役で活躍する2台の懐かし自販機。

駐車スペースもふんだんにありお客は絶えない。
休憩スペースもあるが車内で食べる人も多いようだ。

人気のハンバーガー自販機。2009年訪問時とは違う機体で500円硬貨にも対応している。

残念ながら売り切れ・・・。
しかしおばちゃんがバーガー屋さんに電話を入れてくれて、すぐに納品してくれるという。

バーガーを待つ間に、富士電機めん類自販機で今回はうどんを食べてみよう。

かなり年季の入った自販機。
ボタンも擦り切れてしまっているがニキシー管は完動。

これで200円!人気があるのも頷ける。
以前はうずらの卵や海苔を入れたりと試行錯誤されたそうだが、現在は天ぷらとネギに落ち着いている。

地元名物のババヘラアイス売りのおばちゃん達と一緒にうどんを食べた。
仕事帰りによく食べるそうで、愛されているのが伝わって来た。

七味は好きなだけかけられる。

関東のうどんよりも少し細めの稲庭風で、汁もおいしく、天ぷらとの量的なバランスも良い。
これで200円とは大満足である。

ビックバーガーさんが納品に来てくれてお話をうかがう。
震災の影響でパンが入手出来なくなり、少しずつ手造りをしているので売り切れることも多いそうだ。

アツアツの箱で出てきた、てりやきバーガー。

昭和のデザインのままの箱が愛おしい。

手造りのパンはフカフカで、てりやきソースとジューシーな肉と合いとても旨い。

地元の人に愛され、店主の自販機への思いも熱い。
これからも末永く活躍を期待したい。

2011年 6月11日~18日 東北懐かし自販機巡り
その6 ペガサス → その7 佐原商店 → その8 男鹿水産

2011年1月

2011年1月に現地を訪れた秋丸さんに画像を提供いただきました。
ありがとうございました。

画像をクリックすると拡大・縮小します。

私の訪れた夏とは全く違う景色に感動。

道路も駐車場も完全に根雪に覆われている。

寒風に吹かれながら懐かし自販機も活躍している。

冷たい空気に湯気がほかほかして食べる自販機めん類は最高だろう。

一時は中止されていたバーガー自販機も復活して嬉しい。

よく見ると前機種と違い500円貨も受け入れられるタイプにリプレイスされている。

これからもこの貴重な自販機コーナーに末永く活躍を期待したい。

2009年9月22日

2009年 9月18日~27日 東日本懐かし自販機巡り
その21 男鹿の幸センター → その22 佐原商店 → その23 秋田市立体育館

ラッキーなことにちょうど商品充填のタイミングで、優しいおじさんが見せてくれた。

画像をクリックすると拡大・縮小します。

佐原商店

秋田の港湾に近い位置にあり、トラック野郎・工場従事者などのお客が多い。

そば・うどん自販機

とてもおいしく新鮮な自販機そば・うどんが格安の1杯200円!

天ぷらうどん

1日に90食出る日もあるという。回転が速いので安心だ。

おじさんが自販機の中身を解説してくれた。
ハンバーガー好きなお兄さんは3個一気食い!
そして近所のハンバーガー自販機情報を教えてくれた。ありがとう!

ハンバーガー自販機

大活躍のハンバーガー自販機。
チーズ、テリヤキとも200円。

BIGバーガー

いかにもなB級感全開の粋なデザインに頬弛む。

チーズバーガー

いただきま~す!
チーズもほどよくとろけて旨いよ。

自販機用ハンバーガー箱

一昔前の風情ある意匠だ。

そば・うどん自販機とハンバーガー自販機

電照板が灯ったそば・うどん自販機とハンバーガー自販機のツーショット。
本当にくつろげる最高の自販機コーナーでした。
おじさんありがとう。

2009年 9月18日~27日 東日本懐かし自販機巡り
その21 男鹿の幸センター → その22 佐原商店 → その23 秋田市立体育館

懐かし自販機トップページへ

当サイトの画像・情報を無断で転載・使用することを禁じます。

© USK ALL RIGHTS RESERVED

Last Updated 2016.3.20

Updated 2015.3.11

Updated 2012.7.24

Updated 2011.11.4

Updated 2011.5.20

Updated 2010.3.9

2009.10