スポンサーリンク

2010年10月 2011年9月

2011年9月27日 東京からの総走行距離987km

2011年9月20日~10月1日 「新潟・北海道・東北懐かし自販機巡り」
その4 コインスナックオチアイ → その5 DRIVER HOUSE 風車 → その6 ベンダーショップ崎守

スポンサーリンク

画像をクリックすると拡大・縮小します。

1980年代、北海道観光ブームの時代によくあった雰囲気を今に遺す外観。

北海道では最後の2台となってしまった貴重な富士電機めん類自販機が稼働している。

うどんの上からラーメンの貼り紙がしてある。

以前は天ぷらそばだったのが生そばに変わっている。もちろんラーメンも生麺を使用。
調理時間カウンターはニキシー管仕様で嬉しい。

パックから出したままの感じの麺が自販機らしい。
焼豚,薄切りのゆで卵、わかめ、めんま、ナルトと具は本格的だ。

湯切り不良のためかお湯が多すぎて、1杯出るごとに盛大に汁が溢れこぼれる。

以前あったレトロなゲームが無くなりテーブルが設置された。

天ぷらが廃止されてしまった「生そば」は300円。
ラーメンに比べるとナルトと天かすが極少量とさびしい。

その都度こぼれるスープの塩分でパネルの錆がひどい。

お湯の量を見越してテーブルにはもとダレが完備w

団体さんも懐かしがって食べていた。
そして室蘭の崎守にも昔あったという情報を教えてくれた。

PP丼が倒れんばかりに積み重なる。結構人気があるのだ。

団体さんのおかげもあってうりきれに!

2012年4月

2012年4月に現地を訪れたGAKUさんから画像を提供いただきました。ありがとうございます。
前面パネルが新調され、湯切りも修理されたようです。ラーメンも溢れていないようですね!

2013年3月

2013年3月に現地を訪れた石岡さんから画像を提供いただきました。ありがとうございます。
かろうじて機体は残っていますが、電照板には大きく使用中止と書かれています。
北海道の貴重な一台、何とかならないものでしょうか・・・。

2011年9月20日~10月1日 「新潟・北海道・東北懐かし自販機巡り」
その4 コインスナックオチアイ → その5 DRIVER HOUSE 風車 → その6 ベンダーショップ崎守

2010年10月

2010年10月に現地を訪れたきむらさんに画像を提供いただきました。
ありがとうございました。

画像をクリックすると拡大・縮小します。

秋の北の大地。道東ならではの広い真っ青な空が気持ち好い。

ゲームコーナーの一角で富士電機めん類自販機が現役稼働中!

メニューは天ぷらうどん300円、ラーメン350円。

取出口付近はつゆがこぼれたりで痛みやすい。
この機体も結構錆びていてアルミテープで補修されている。

ニキシー管も完動で当時のまま25秒をカウントしてくれる。

350円ということで具もそれなりにちゃんと入っている。

使用済みの箸の数からすると結構売れているようだ。
これからも長らく生き続けて欲しい。

懐かし自販機トップページへ

当サイトの画像・情報を無断で転載・使用することを禁じます。

© USK ALL RIGHTS RESERVED

Last Updated 2013.3.17

Updated 2012.6.28

Updated 2010.10.19

2010.10.19

カウンター